<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大毅・胃痛・反省
亀田三兄弟の次男、大毅がプロボクサーの初戦を23秒(?)でKO。

明らかに噛ませ犬的な扱いのタイ選手。始まる前からチャンピオン的な大毅。
入場からしてすごい。「弁慶」の姿をして、大げさなセットでつくられた赤い橋(五条大橋)。親父が先頭で3兄弟がジェンカみたいにして歩いてくる。
勝って当然。皆の関心は「兄貴の44秒KOを超える!」宣言。

結果、予告通り開始直後 一発でKO。なんかタイの人ほとんどカメラに写ってなかったのが可哀想。
しっかし、そのあとハウンドドッグ熱唱しちゃうとこなんか、わけわかんない怖さがあるなあ。会場は亀田一家のお客さんだけなんだなあ、とか思う。

昨日から胃痛と頭痛で体がおかしい。ヤバいなと思い、昨夜は21時に寝たのに治らない。寝りゃア治るもんとそうではないものがある。
健康であることのありがたさを実感。
それにしても胃袋が小さくなったみたいで、あまり食べれない。これは「痩せろ」ってことかも。きっとそうに違いない。冬は太ったからな。

先日、日記で書いたオーブンの事。
思い違いで、ガスのコンベックてのは割とちゃんとしてるヤツみたいで、やっぱ原因は自分の腕というわけで。ゴメンよオウブン。反省。
さらに、特に好評でもないフランス系にもちょっと飽きてきた。そろそろ田舎の食事にもハマるパンを考えよう。
自分が何をしたいのか、どこに向かってるのか、とか考えると動きがおかしくなる。
やりたいことを、やれる時にやればいいわけで。その時、瞬間に集中できたら毎日は楽しいはず。
[PR]
by zigma | 2006-02-27 00:56 | hibi
フランス迷子とPSE法
いけない。またフランスパンにハマッてしまった。
家にあるのは電子レンジにもなる、ガスのコンベック(コンベクション?)ていうオーブン。
こいつは熱風を循環させて温度を一定に保つというしくみなんだけど、この「熱風」てのがくせもの。
フランスパン系は蒸気が必要なんだけど、この熱風さんが、その蒸気をばっちり逃がしてくれる。潤った大地を一瞬にして乾かしてくれちゃうのだこのヤロウ!
ま、しかし。新しいオーブン買うなんてセレブなことはできるわけもなく。
いろいろやってみてるんだけど、なかなかうまくゆきません。変更点をひとつだけにすればいいものを2つ3つ変えちゃうから、なにが原因か分からなくなる。かなり迷子。フランス道は危険すぎる。。
ボッコボコに大きな気泡が欲しい。だれかガス・コンベックで上手く焼けたって人いたら教えて下さい。バンビがここにいます。

そういえば 気になってたんだけど。
電気用品安全法(PSE法)とかいう法律が今年の4月から試行されるということです。。が!
安全基準をみたしていない電化製品の販売・使用などを規制するっていうんだけど、その対象には電子楽器、音響機器を含まれていて、レコーディング機器やギターアンプ、ターンテーブルなんかまではいってたりする。
つうわけでビンテージの楽器とか ふつうに買えなくなっちゃうんだなあ。いやまいったね。おかしな話だわ。
というかさ。今頃になって初めて知った、っていう この情報のなさはなんなんだろうなあ。TVなんてホントにくっだらない番組ばっかなのに肝心なことはやらないってこと。もう、バカボンボン。
隠してんのか、単純に自分が遅いのか。よくわからんけど、今の生活も何十年後かには「あの頃はよかった」なんて思うのかな。おおこわい。
とりあえず緩和の署名してみた。教授〜!こちらからどうぞ
[PR]
by zigma | 2006-02-21 23:17 | hibi
たまにはガラスペンでも
b0068354_046593.jpg一昨日はバンド?の練習をしてクタクタになりながらMの家に泊めてもらう。即興唄合戦は楽しかった。簡単な3コードをベースにして即興で歌詞をつけて歌うんだけど、ネタがおかしな方向に流れて、缶コーヒーの成分とか唄ってたら「フリーダイヤル308509(サワヤカコーク)」でスイッチオン。清志郎とか長渕のマネで308509〜!(サンマルハチゴウマルキュウ〜!)ジミヘンで、フィッシュマンズで、マイケルJフォックスで。。。夢中で1時間近くひっぱったら ゲッソリ。「こんなヤツはいない」て言われた。

そのあと下北沢 チクテカフェにゆく。Sさんにオススメされていたマフィンを注文。話に聞いていた通り、表面がザクッとして中はふんわりもっちりどっしり。味わい深い逸品でした。バター&ハチミツの香りがよかったなあ。あとカプチーノ。ふだんコーヒーは飲まないけど、カプチーノだけは不思議と思い入れがあり、つい頼んでしまう。しかし あのカフェは男二人で行く所じゃないなあ。おんなのコ〜な感じがさあ。

銀座に移動、欲しかったものできた展を見る。茨城県在住の前川秀樹さんという人の作品、バケツチェア(?)がいちばん見たかった。
想像してた通りステキな椅子で、意外と座り心地がグッドだったのは驚き。石切り用ののこぎりの歯をつかったテーブルも良かった。「f」みたいな模様がさりげなく入ってる。たぶんこれは 強度とかなんかのために、もともと入っていた切り込みだと思うけど、あれがあるだけでグッとよく見える。
ほかの作品もなかなかいい感じで、刺激ックス。

イトウヤにてガラスペンを購入。とりあえず実用目的なので、日本製の竹軸のやつと写真のやつをチョイス。「ケースの中のガラスペンくださいな」と言うと、店員さんが箱を出しながら説明してくれる。
ペン先のガラス部分は職人の手作業によるものなので、一つ一つ違うんだそうな。そりゃそうだ、って思ってたら、たまねぎ形や細くてストレートなもの、色も白やほんのり青みがかったものなど、ほんとにバラバラなのだ。形でインクの溜まり具合とか描き味とか変わるのかなって聞いたら、そんなこともないらしく、職人の好み・気分しだいなんだって。なんとも愛らしい話。
さて、肝心の描きあじは、というと。。。最高です!角度に気をつけなくても普通に書けるし、わずかに波打ったような雰囲気のある線がかける。インクもたくさん溜まってるみたいで、ずいぶん長く書ける。
なんでこんなにイイものがマイナーな存在なんだろうって不思議でしかたない。い〜もんみつけちゃった〜
次はガラス軸のゴージャスなのが欲しいなあ。
[PR]
by zigma | 2006-02-19 00:47 | hibi
ミニクッパー
b0068354_2205280.jpg近所で新型ミニが2台いっしょに走ってるのを見た。乗っていたのが かわいいおネエちゃんだったというのもあって、興味わきわき。なんとなく鳥山明の漫画を思い出す。
てことで、こないだミニ クーパーに乗ってきた。コンバーチブルてやつで屋根が開いてオープンカーになるやつ。
オレンジのそいつは本当にオモチャみたいだった。「ゴーカート」って表現もよく分かる。いや、マリオカートのほうがしっくりくるかも。ミニ・クッパ。けっこう速い。しかもマニュアル車だったのでけっこうオモろい。ぶ〜ウん。。って音がなかなかイイ。
でも内装とか変に現代チック(?)になってショボショボプラスチッキーな感じで。ウィンカーのレバーとか、なんとなくトイストーリーのバズ?みたいだったなあ。なんとなくだけど。
現代〜未来の子供オモチャってイメージ。外観はなかなかステキなんだけど。。

そういや来年か再来年にはフルモデルチェンジしてダサくなりそうらしい。やっぱ車はどんどん変な方向に行ってる気がするなあ。いらないものが多すぎるし、多用してるプラスチックが全部壊れてゴミになる予感がする(これは思い違いかなあ)
てか、そもそも車もいらないか。

冷やかしもいいとこ、買う気なんてまったくないクセに、 自分でもなんでお店に行ったのかよく分からんのだけど、こういうのはテンションで。偶然てのはなくてすべて必然ということにする。たまには新しい風にふれないとね。なんつってよう。試乗までして大丈夫かな。電話バンバンかかってきたらどーしよ。
でも同じ敷地のお隣さんがポルシェ、クライスラーって。ひいたなあ。なんだありゃ。
[PR]
by zigma | 2006-02-05 22:01 | hibi
てつこの部屋30周年
b0068354_1582470.jpg徹子の部屋が30周年を迎えたそうで、記念に第一回目放送をやってた。
ゲストの森繁久弥って人がちょっとオモろい話をしてたのでメモ。

神話か何かの話なんだけども、
神様がいて、生き物の寿命を決めていたところに

まずロバが来た。
「お前は30歳ってトコでどうだ?」「荷物を背負ったり、石臼をまわしたり、働きづめの毎日が30年も続くのは勘弁して頂きたい。どうかもう少し短く。。。」「じゃあ。。」という問答の末、12歳に決まり、残りの18年を神様にお返しした。

次に犬がきた。これまた「吠えっぱなしの30年、犬歯も抜け、年老いた声で吠えるのはみすぼらしい。どうか短く」てことで18歳。12年をお返し。

そして猿が来る。「サル知恵ばっかでズル賢く30年も。。」てんで20歳にしてもらい、10年返した。

さて、そろそろ神様も疲れてきた。お茶にしよかねって時に人間がきた。
「ティータイムだからあとでね」「いや、私だけでもどうか!」「しかたない。30歳で長いのか?」「いや、そうじゃありません。25歳で結婚して子どもが産まれて、最高に幸せな日々が たった5年で終わってしまうなんてあんまりです。もっと生きたいんです」「なんとずうずうしい。ダメだ30歳だ」「いや、そこをなんとか」
お茶にしてひと休みしたい神様は、面倒くさくなってきて「じゃあ、ロバの置いていった18年があるから、それで十分だろ」「ありがとうございます。でももう一声」「なんと。それでは犬の置いていった12年もやろう。もういいだろ」「もう一声!おねがいします」「欲深いヤツだな。しょうがない、サルの10年もやろう」
というわけで、30+18+12+10=70歳 が人間の寿命になった。

んでもって。その結果。
30歳までは、無責任でも楽しく、幸せな時間がすごせる。これはもともと神様からもらった30年だから。
その後48までというのは、仕事、働くというエネルギーが強く、責任感もでてくる。これはロバの命をもらったため。
そのあと60までってのは、態度がでかくなって犬が吠えるみたいに偉そうな口をきくようになる。
70までには世の中に慣れてきてサル知恵が働き、ズル賢いことをするようになる。

んだそうな。なんか宗教ぽいけど。あ〜書くの疲れた。

それ聞いて徹子が「私の年齢で言うと、犬になるんですけど」「じゃあ、吠えたり噛みついたりするでしょう?」「ぜんぜんしませんよ」って言ってた。ナイス!徹子。世の中そんなに簡単じゃないよね。
[PR]
by zigma | 2006-02-03 01:58 | hibi