<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ブランコ
b0068354_23503252.jpg今年もあとわずか。。。で、来ました。ひさびさのググッと来る本です。
弟は、庭の木の上でブランコに乗り、毎晩 動物と話し、おはなしをノートに書き留める。小学校1年生。あちらとこちらの世界を行ったり来たりしている。ブランコ乗り。はなし作りの天才。
現実かどうかは問題じゃなくて「おはなし」って、きっとこういうことだと思う。
やさしくて痛い。でもとても大事。

「わたしたちは ずっと手をにぎっていることは できませんのね」
「ぶらんこのりだからな」
だんなさんは からだをしならせながらいった。
「ずっとゆれているのがうんめいさ。けどどうだい、すこしだけでもこうして」
と手をにぎり、またはなれながら、
「おたがいにいのちがけで てをつなげるのは、ほかでもない、すてきなこととおもうんだよ」(本文より)
作者:いしいしんじ
[PR]
by zigma | 2004-12-29 00:17 | book
渡DVD
b0068354_23364946.jpg渡ちゃんDVDを手に入れました。
2000円という値段とは裏腹に、「生活の柄」から「スキンシップ・ブルース」まで収録した充実ぶり。
が、しかし。なんじゃ、この撮り方。
阿佐ヶ谷あたりのスタジオを思わせる雰囲気で、なぜかときどき白黒だったりする。画面のまわりはぼんやりしていてメルヘンチック。顔のアップがオーバーラップしてたり。渡ちゃんは緊張ぎみだし。
でも貴重だ。
どんな撮り方だっていい。どんな表情だっていい。これは間違いなく歴史的人物の、しらふで真面目な姿を(マニアックに)捉えた重要文化財だ。と思ったりする。
しかし、こういう作品って、気付いた時には廃盤になってる可能性があるからコワイ。買っといてよかった。。。
[PR]
by ZIGMA | 2004-12-20 23:34 | music
fishin' on sunday
b0068354_216324.jpg日曜日には日曜日には あの小川まで
のんびりと 魚釣りにでも 。。
「魚釣りブルース」で始まる、高田渡のアルバム。

なんとこのアルバムはロサンジェルスでのレコーディング!
あの渡ちゃんが。飛行機に乗って。アメリカでレコーディング。そんなばかな!
と思ってしまうのは自分だけでしょうか。さらにメンツがこれまた良し。中川イサトや、なんと細野晴臣も参加。

音はというと、細野ベースが ぐぐっと良い感じで引っ張っている。アメリカのミュージシャンも参加していて、ちょっと こじゃれたサウンドになっている部分はあるものの、やはりそこは高田渡。酔っぱらってんのか?いつもどおり。
しかし中でも、当時3歳くらいの自分の息子、漣(れん)に捧げた「漣」。これはスゴイ。中川イサトの即興(?)ギターをバックにやさしく語るのだ。
「見えるものはみんな 人のものだよ   うん、と漣はいう 
親のぼくも あたまが弱いが どうやら 息子の漣も 似ているらしい
見えないものは 僕らのものだよ     うん」
なんてやさしいんだ!ずるいぞワタル〜!
そんな息子さん、漣も いまはもうミュージシャン。いっしょにステージに上がる事も。なんと微笑ましい。
[PR]
by ZIGMA | 2004-12-12 21:07 | music
サタデイないと
b0068354_22443524.jpg---12/4サタデイのお話---
上野 西洋美術館「マティス展」は混んでて。でも、生マティスはとってもgoo!でした。なんといってもラストの切り絵たちがよかったね。
そのあと新宿のオペラシティで開催中のヴォルフガング・ティルマンス展に。こちらは荷物も預けられるし、適度な込み具合で良い雰囲気。そしてそして。
いや〜、イイ!なんだろ、これ。
展示の流れや配置も良い。そんでもってどの写真も全部 忘れられない感じ。スバラシキカナ!画像はそのフライヤーなんだけど気になる人は絶対に見に行きなさい。
さて、その後、知人のホームパーティーにlet's goということで。すばらしきウマウマ料理、音楽、出会い(なんつって)これはもしやサタデイナイトでは。。!
なんだか楽しくも濃い一日でした。
[PR]
by zigma | 2004-12-06 22:41 | hibi
どら焼き
b0068354_1333613.jpg
ある日、小学校から帰ると、顔と同じくらいおおきな、、それはそれはBIGなドラ焼きがあった。
たまらず「ちょっと一口。。。」のつもりが、勢いは止まらず、お腹いっぱい食べてしまったのでした。
生地はふわふわ、しっとり。あんは甘さ控えめで、どっしり。。。
思い出しただけで幸せになる逸品だったなあ。そう、あれから十数年。。もう一度、あのドラ焼きを食べたい!!切実に思うのです。しかし、家族はそのドラ焼きの事を全く覚えていません。いや、ウソ!そんな!マボロシ?妄想?アイタタ。。
というわけで、リサーチ中に見つけ、ずっと食べたかったのがコチラ。宇都宮の春木屋ジャンボどら焼きいやあ、これは行くしかないデショ!
[PR]
by zigma | 2004-12-02 22:27 | hibi