カテゴリ:music( 15 )
4/30 かしゃま夜光船
b0068354_137587.jpg


え〜、突然ですが笠間でイベントやります!
美しきゴールデンウィークのはじまりです!

トリルイpresents
[かしゃま 夜光船]
----------------------------------------------------------------
イベント名:「かしゃま夜光船」-アニメーションと音楽とカレーな夜-

場所:かしゃま文化会館の野外広場 http://kasyabun.hp.infoseek.co.jp/
   笠間市芸術の森公園(炎祭り会場)のすぐ近く。古い貨車が目印!

日時:4/30 17:00〜20:00

(入場無料)
:投げ銭ライヴ&アニメーション上映&カレー販売:

*投げ銭ライヴ*
17:00〜
出演
・トリルイとその仲間たち
・ムーンシャイン
・赤毛のマディーズ
・ショーワ


*アニメーション上映*
19:00〜20:00
・アニメーションスープ(大阪)によるプログラム上映
・「アムネロ」かとう まさひろ
・「ウォーター メロン シュガー」須藤 忠隆

--------------------------------------------------------------
だんだんと暖かくなってきまして、野外がとっても気持ちのヨイ季節。
ギターやハモニカ、ウッドベース、歌やら太鼓やら、タンバリン、うなり声からささやきボイス。
甘〜い音に誘われて 飛んで火に入る おじょうさん!ヨウコソかしゃまへ!!

てなわけで、腹ぺこミュージシャンは投げ銭ライヴの収益でカレーを食べる、という仕組みになっていますので、そこんとこヨロスクちゃんです!

さてアニメーションですが、

関西から世界へ発信するアニメーション作家集団「アニメーションスープ」が、じわじわと関東上陸を狙っているようです。視察がてらプロモーション的な上映をします。

今回、アニメーションスープの首席?のヨシムラエリさんと、キセルの「砂漠に咲いた花」のPV(砂絵のアニメーション)など手がけた永田ナヲミさんがやってきます!マッキーペンと色紙を忘れずに!

それから笠間在住・陶芸家?の須藤忠隆くんによるメロメロな映像作品「ウォーターメロンシュガー」
同じく笠間・トリルイの、かとうまさひろの切り絵アニメーション「アムネロ」デジタルリマスター(この表現、憧れちゃうよね)で数年ぶりにスクリーンに甦ります。

とにかくとにかくかっくまん。この機会を是非お見逃しなく!!!

#雨天の場合、ライブは貨車の中で行い、アニメーション上映は場所を変えて、岩間第一分校にて行います。
http://www.bunkou.net/home/
[PR]
by zigma | 2007-04-27 01:41 | music
週末は笠間に集合。トリルイやるよ。
こんにちは。トリルイです。鳥の類いです。

みんな今度の週末はどうしている事でしょう。
ヒマならおいでよピーチクパーチク、ってことで、またライヴやりますよ〜。

こんどは茨城・笠間にある「okatte おかって」というカフェ&ギャラリーです。
大谷石で造られた、すごく雰囲気のある大きな建物です。(昔は倉庫だったらしい)
b0068354_228922.jpg
この度、新しくギャラリースペースを始めるにあたって、オープニングパーティを開こう、というわけです。
基本的にスピーカーを通さないアコースティックライブで、他にも数バンド出演します。美味しいもの食べながら飲みながら、揺れてもよし、踊ってもよし。目をつむるもよし。聴いてるふりするもよし。なんでもよいです。

今回トリルイは、ジャグバンドの要素を交えつつ、ギター・ピアニカ・バケツベースという編成の予定。え?バケツベースってなに?
バケツと棒でワイヤーを張って音を出します。わかんないよね。はい、そうです。こんなです。b0068354_2282769.jpg

マッチャンが 寝起きでいきなり弾きだした、の図です。

とにかくナイスな空間をつくりだす事だけをイメージして。
みんな遊びましょう!
-----------------------------------------
『おかってギャラリー opening party!』

3/31
open 13:00
LIVE 15:00〜

ワンコインで食べれるお料理とか飲み物を用意するそうだから、食べて飲んで、みんなで楽しくすごしましょう!もちろんライヴチャージは無しです。(投げ銭歓迎)
さ〜さ〜お楽しみ!

okatte おかって

茨城県 笠間市 笠間2116
090-4818-5188
*土日のみ営業(月〜金は休み)
12:00〜19:00
------------------------------------------
[PR]
by zigma | 2007-03-28 02:38 | music
ライヴします
b0068354_1833270.jpgしつこいくらいに宣伝。

......お知らせ......................
3/11ライヴやります!

3ピース編成で、ギター・ドラム・アコーディオン・トランペットなど
アコースチック寄りな音で揺らします。もしくは溶かします。もしくはどうにかします。




『オデカケナイトVol.3』

07/3/11(日)
東京 高円寺SHOW BOAT(ショウボート)
JR(中央・総武線、中央線)高円寺駅 下車
北口を出て左手、セントラルロードを150M直進、右手地下

open 17:00 start 17:30
チケット 1500縁(前売りあります)
出演
●トリルイ
・hollow
・DEATHニャン
・カラスに殺される
・GEVA POLI
・CHICO
・わたりがに

トリルイ、トップバッターです!どきどきです。
当日、オリジナルTシャツを販売するかも。ユルいのつくってます。

とにかく。みんな、集合!!
[PR]
by zigma | 2007-03-06 18:38 | music
タカダワタル的 DVD発売決定
でるらしい。映画「タカダワタル的」DVD。
亡くなってからというのが、なんとも切ないけどね。

映画の上映後、ミニライヴ付きだったんだけど、見に行った時は、ハープで一曲ひいてくれた。
上映期間中、じぶんのライヴがない日でも毎日来ていて、前の方にちょこんとすわって見ている、という姿を目撃されていた。

"自分が金持ちになったら唄なんかやめちゃう。そうなったらこんな唄うたえないよ。そんなのお客さんに失礼だ。"
[PR]
by zigma | 2005-04-22 21:21 | music
ふちがみとふなと/日曜日ひとりででかけた
b0068354_21131934.jpg恥ずかしくなるくらい、魂のある1枚。
デビューアルバムのこの作品は、(こんなこと言うと誤解されそうだけど)良い意味でヘタクソなのだ。
どうも緊張しているのか、空回りしちゃってる感があって、そこがたまらない。本当に二度とできない演奏だとおもう。空気がっちり閉じこもってるね。

この人たちはライヴが楽しい。いつだったか東京・江古田のちいさなバー(?)でやったライヴは忘れられない。
ほかのお客さんと同じようにお茶していて、時間になったら「さあ、やろうか」
はじまってもいっしょ。「よくお聞きなさい」「どうだこのやろう」などという押しがない。
いつのまにやら演奏会。
そんなかんじ。ウッドベースとボーカルだけだから、マイクもいらない。

マイクは無いほうがいいよね。

その前に下北に見に行った時は、やたらエコーかかって変な音になっていて(というか店のマスターがやってて)、それを渕上さんが ライヴ中にこっそり「やめて」的な抗議してて。でも変わらなくて。
あれはよくない。

しかしこのアルバムを聴くと、エディットピアフが浮かんでくるのはなんでだろ。。
[PR]
by zigma | 2005-03-02 21:40 | music
青い空の日/シバ
b0068354_23194666.jpg最初聴いた時は、高田渡そっくりだなあ、ておもった。さてはマネっこだな、って。シバさんごめんなさい。
聴けば聴くほど芯まで通る、シバ節。ブルース。
このアルバムはデビューアルバムだそうで、ジャケットも本人によるもの。最高です。
3曲目「もぐらの唄」は、ブルースハープと唄だけの曲。「ずんぐり もぐらの 言うことにゃ〜」ではじまる。そのモグラがずっと頭からはなれなかった。だから頭の中で飼うことにした。えさもいらんし、イイヨ。
映画「タカダワタル的」でのライヴではこの曲もやったらしい。友達が見に行ってた。そいつは一言「まいった」と。ああ、うらやましい。
全体的にはフォーク?ブルースなんだけど、なぜか民謡のような感じがする。どこがと言われてもわかんないんだけど。。

部屋のすみっこに行きたがる人、いるよね。
あんまりしゃべんないけど いきなり核心をついたこと言うひと いるよね。
「部屋が明るすぎる」って言う人いるよね。
そのへんの草 かじっちゃう人、いるよね。
そんな人には青い空だ。それしかない。
[PR]
by zigma | 2005-02-23 23:41 | music
ROOT DOWN (LIVE!)/JIMMY SMITH :1972
b0068354_1935832.jpgこいつはずっと、今日という日を待ってたみたい。
ビースティーボーイズの元ネタ(というか同名のミニアルバムもあり)としても おなじみ、ジミースミスのルートダウンなのですが。
久々に聴いてみると、なんだか 別モノみたい。そういうことってあるよね。全ての音が生き生きしてるんだ。
ハモンドオルガンがピョロリロリュー♪と鳴れば、すかさずドラム&パーカッションが、タカッと!ビシッと!ズシッと!ドカッと!そうかと思えばファンキーエレキギター!ギョウワワイイ〜〜ン!!地面を揺るがすベース、ブユラボユラユアー!!
。。あれれ、こんなにヨカッタっけ?!

タイトル曲「LOOT DOWN」はもちろん良いんだけど、本日もっともグッときた曲は、2曲目「For Everyone Under The Sun」なんとも切ないメロディーがたまらん。。涙 ちょちょぎれ。
つづいて「After Hours」ではハーモニカを入れてブルース!(でもファンキー)
ほかに「Let's Stay Together」なんてソウルなナンバーも。

liveなだけに、大暴れ!陶酔!おわんない!めちゃくちゃ!と思いきや、そこはさすが。すばらしく冷静な部分をもってる。特にドラム・パーカッションなんて、すんげ〜カッチョ良い音出しながら、オイシイところでガツンときて、痒いところに手が届くん、、だけど、しっかり周りを誘導してるみたいに聴こえる。おもわず拍手!
[PR]
by zigma | 2005-01-20 19:35 | music
Organ Transplants Vol.1 /Stock Hausen & Walkman
b0068354_13124958.jpgポップだなあ。とても聴きやすい一枚で、たまにかけるとハマる。
とにかく切り刻む!サンプリング攻撃!なこのアーティスト(3人組みたい)は、こういうサラッとしたものも、それからグッタリさせるようなのもつくれる人たちだと思う。基本はポップなイメージが残るけど。
わりとミーハー(?)なじぶんとしては、このアルバムはだいぶ好み。
パッと見のジャケットの可愛らしさを裏切らない、人畜無害なかんじがします。
続けてペリキンなんか かけてみたくなりますね。ああいうのも好きなんだよね、実は。くわしくないけど。
しっかし、この「Organ Transplants 」オルガン移植。なんJARO?って気にしてなかったんだけど、ホントは「臓器移植」ていう意味らしい。(オルガン=臓器という意味もあり)
なんだかなあ。カワイイのかどうなのか。
女の子の苺も内臓に見えてくるし、右下のハムスターの写真がモルモット色に見えてきて。。
ほんと このレーベル(hot air)のジャケットとかスゴイよなぁ。。
[PR]
by zigma | 2005-01-16 13:49 | music
ムッシュー/かまやつ ひろし
b0068354_11575331.jpgであいは突然に、そして満腹に。

'70発売、かまやつ ひろしのソロアルバム。コレを期に自分のことをムッシューとか呼びはじめたんではないか、と想像。

アイドル(?)GS・スパイダースにいたかまやつ氏は
「どうもちがうんじゃないか。。こんな頭のでっぱりかたでレディーに受け入れられているのだろうか。。。子どもも産まれたし。ここはひとつ!ムッシューとか言ってみよう。そうすればフランス人みたいで、この髪型もおかしくない。。!よし、ソロだ!タッグ消滅だ!オレはお前の噛ませ犬じゃない!!(長州 力)」
と言ったかどうかは不明だけど。

と思いきりでっぱりスタートを切ってのアルバム「ムッシュー」
いつ聴いても初めて聴いたときの感動を思い出させてくれる。
「ペイパー・アシュトレー」「ミスター・タックス」「ノーノーボーイ」ビートルズのごとく新鮮な響きのタイトル。イントロから泣かせす。
音で言えば「ムッシュー&タロー」がたまらない。おぎゃ〜あ〜。。。あ〜あ〜〜泣かない泣かないなかないなかない。。。ダダンダンダダン!!GYA!GYA!(ギター)
うわ、満腹。と聴きすすめるとさらに、み〜るく〜を〜あげ〜る〜、な〜くのはお〜よ〜し〜♪
ゴメン、泣きそうです。
ほかにも「僕のハートはダン!・ダン!」「二十才の頃」「豚ごろしの歌」(豚ごろし??)など、ホットな気分になれる名曲ぞろい。

全体にワンマン録音のゆるゆる感、まったり感が絶妙で、時にはスナックのカラオケのように聴こえたりしてステキ。

ああ。お腹いっぱい。きっと この1枚であと3年くらいは幸せになれる。
[PR]
by ZIGMA | 2005-01-15 12:25 | music
JASON ROEBKE/Rapid Croche
b0068354_0325066.jpgタマラン、タマラン。。。
キクチ キミエさんというお絵かき人の情報を求めてafter hours#19を購入したら付いてきたCDコンピ。これがまた良い!んだけど、なかでもハマってしまったのがこの人たち。JAZZトリオで若い人なんだけども、もう。。
JASON ROEBKEというのはメンバーのウッドベースの人の名前なんだけど、アルバムのタイトルになっていたりする。
あちこちから波が来て、もてあそばれるみたい。
つれていかれてしまう!もっていかれる!ンむ。。。ム!ムむ!アじゃあ〜〜!!
テンポとか、リズムとかキャッチーな部分は全く無いのに、やめられない、とまらない!何度でも聴きたいって久々に思った音でした。
[PR]
by zigma | 2005-01-14 00:43 | music