カテゴリ:hibi( 115 )
嵐と肉屋とメンチカツ
b0068354_225929100.jpgお昼時に自転車屋さんに行ったら、近くの肉屋さん「湊肉屋」におつかいを頼まれた。知らなきゃ通り過ぎてしまうほど小さ〜なお店。
「コンチワ〜メンチカツください!」
奥から出てきたのは可愛い毛糸の帽子をかぶったおばちゃん。「はいはい、メンチカヅ?いくつ?5コ。はいよ。。いんやあ、ふってきそうだねえ」「んだね、雲がまっくらだもんね」と僕。訛ってる人には同じく茨城弁でかえす。これは礼儀。
「んだよ、まっぐらだよ。おっかねえごと、さっき表に出たらゴロっていったんだよオ」「あ ホント、んでは来るわ、コレ」
「むかし、ジッガさ 雷が落ちたんだよ」「ん?じっがさ、なに??」
「じっがに、雷様がおぢたんだよお」「実家ってお家?家に?なに、落ちたの?あらあ、んでは燃えちゃったの?」
「んだ、燃えぢったんだよ。ぜ〜ンぶさ、わらとトタンの屋根でさあ。いやあ、たまげたよ」「あら〜。大変だったねえ。おっかないね」
と、ここで店の主人らしき小太りのじいさんが帰ってくる。優しい豚のような瞳をもつ彼は、学研の図鑑「職業」の肉屋に載ってます。たぶん。
「なに、雷こわいの?おれが帰ってきだんだから心配ねえよ」うわ、ダンディ!クロコダイル!映画の名シーンみたい。

「はい、じゃあメンチ5ケで500円ね」「はいよ」「あ、スタンプ集めてる?」「なにそれ?スタンプ?」「今日は3倍の日だ。じゃあ、3倍で6倍と。。。ヒッヒッ」よくわからない独り言いいながら、商店街?のスタンプシールをもらう。友部って書いてあるけど、ううむ。いったいどこに貼れというのだ。

肉屋からお店に戻って、店長といっしょに昼飯を食べる。メンチは豚肉とたっぷりのタマネギでうまい。もぐもぐ。
と、いきなり氷が降ってきた。雷もなって 大嵐。ざっザ〜〜!!ひええ、なんてこった。怖え。肉やのおじさ〜ン、HELP!!思い出すのは「羅生門」のオープニング。

雨も止み、家に帰ってイチゴ酵母の機嫌をうかがう。イチゴのすごく甘い香りが部屋中にひろがる。明日はイチゴパンケーキをつくってみよう。そんな一日でした。
教訓:嵐にはメンチカツと肉屋のおじさんが必要。あとお家に雷が落ちたおばちゃん。それから眠りの声。
[PR]
by zigma | 2006-04-25 23:00 | hibi
ぼくらは毎朝ピクニック!(ロード編)
b0068354_231139.jpgサイクリングジャージは背中にはポッケがある。ちょうど腰のあたり。なんてことないポケットだけど、もうこれなしでは自転車に乗れないってくらい とっても使えるヤツなのだ。

皆がまだ眠っているうちに、ムクリと起きてジャージを着る。バナナをかじって軽く柔軟体操。
ポッケには携帯、パンク修理道具、そして昨夜つくったパンにジャムをたっぷりはさんで。うひひ。

朝の時間は貴重なのでさっさと出発。ストレッチは走りながら。
春だってのにまだ朝は寒い。体があったまるまで回転重視でシャコシャコ。。。
30分くらいかけて体も暖まるころに 山のふもとに到着。
標高500mくらいの山。2〜3kmの登り。トレーニングじゃないので、まわりの景色を見ながら 体調にあわせて。無理しない。朝にムリして貧血(?)で倒れたことあるんだよね〜。自転車ごとパタッと。

一汗かいて頂上までたどり着いたらひと休み。手づくりパンをかじりながら景色を満喫。ん〜マンダム。

なんてことしながら、最近ピクニック気分でサイクリングするのです。
でも毎日同じコースでは飽きるので、ふらっと知らない道をレッツらゴー!すると、史跡とか神社とか、へんな木とか景色とか出合いがたくさん。やっぱサイクリングの神髄は寄り道でしょう。ぶらり途中下車。

2時間くらい走って仕事前に帰ってくるんだけど、ロードだと けっこう行動範囲は広い。やっぱロード(バイク)っていいじゃん。って、あらためて感じる今日この頃。それってとっても大事。
でも山道を見るたびにMTBで来たら。。。ってワクワクする。ヤバいなあ。自転車熱が高まってきてます。
[PR]
by zigma | 2006-04-01 23:11 | hibi
山パイオニア
b0068354_23311713.jpg自分がハゲる夢を見た。
サイドはそのままで、上が薄くなってくる。
人目が気になる。自意識過剰?ではないな。確実にみんな見てる。
そこで腹をくくる。オウケイ、認めようじゃないか。
リーブ21に行こう。もしくはスキンヘッドだ。。。
って目がさめても、しばらくその感覚が残っていて。顔を洗ってからやっと「あ、髪あるジャン」て思った。
意識が残る夢ってのも あんまり無いな。

さて。最近の楽しみ。
うちの山(といっても雑木林)を手入れして、マウンテンバイクのコースにする計画。プライベートコース。うわぁ〜リッチじゃな〜イ!
もう何年も手入れしてない山だったんだけど、杉山とちがって くぬぎが植わっているので思ったより荒れていない。落葉樹なので今は葉っぱが全部落ちている。空が見えて落ち葉にあたる陽がス・テ・キ!周りも林なので人目も気にならない。歌っても、踊っても大丈夫。秘密基地をつくろう。わくわく。

昼休みとか、ヒマをみて家を脱出。持ち物・ナタと折りたたみノコギリ。スコップや熊手。ナタを研いだらテンション上がりまくり。
ひとり山に入ってシノ竹をはらい、じゃまな枝や腐った木などを片付けながらコースをつくっていく。
道をつくるってのはすごく楽しい。パイオニア。
ちょこちょこ 手を入れて、なんとか一週150〜200mくらいの道ができた。 敷地は大したことないので、このくらいが限界かな。作業は ゆっくりゆっくり。だって楽しいんだもん。今年の冬の楽しみにとっておこう。

そばを流れている小川では、たくさんのbigなカエルが産卵中。う〜ん春だね。てことは当然マムシも起きていることでしょう。注意せねば。
煙草の吸い殻(葉っぱ)をまいてマムシ避け。って効果あんのかなあ。
[PR]
by zigma | 2006-03-25 23:45 | hibi
気狂いアニメ?ハムスターサムについて
今朝、とんでもないアニメをみた。
ぼんやりした画像。眠い車の中から見るネオンみたい。もしくは曇りメガネ。よく言えばロマンチック。でなければホラー。
ボサボサで薄汚れた毛並みのハムスター。たぶんサム。ぬいぐるみ。
ホースに吸い込まれて変な土地に飛ばされる。ってだけでも すでに無理なストーリー。
サボテンをバックにフラメンコ踊ったり、彼女?の白いハムスターといちゃついたり、アクセント的に大車輪?でクルクル走ったり。常に動きすぎでワケがわからないくせに、アニメーションというには ゆる〜い、10コマ撮りなみのカクカクした動き。
何?なにがしたいの?さっぱり意味不明。

これは本気か?いや、まて。きっと分かっててやってるんだ。。。
だとすれば すゴいことだ、こんな可能性があったなんて!なんて感動してたら。
ギターを鳴らしはじめるハムスターサム!
ジャンジャンジャカ〜!「ぐーんとのばそう♪」
うおっ!イイ!なんじゃこりゃ!しゃべったと思ったらこの歌!だっさ〜くて渋い。ステキ。もうメロ&メロです。

よく見ると撮影セットや小物が可愛い。メキシカンハットの刺繍とか、意外にちゃんとしてる。
でもその気合いはハムスターにまわすべきでは。。。

NHK教育 水曜日 次回は3/22
8:30〜8:35、16:15〜16:20
プチプチアニメ
4回シリーズで見たのは3話目。なんてこった1、2見てえ〜!再放送してくれ〜
ちょっとでも気になった人は絶対見るべき。プリンプリンなんてメじゃないね。
[PR]
by zigma | 2006-03-16 00:27 | hibi
はつもの
b0068354_2210192.jpg下を向いて ほんのちょっとモコっとしてる所を踏んでいく。地下タビだと感触ですぐにわかる。あ、隊長!発見しました!
時期的にまだ早いけど、竹の子はちゃんと生えてるんだね。
発見しちゃったら掘りたいでしょう。掘ったら食べたいでしょう。小さいとわかっていながら4本ゲット。まだあったけど それはとっておくことにしよう。
家の裏の竹林なので、すぐ皮むいて昼飯にちょっと刺身。甘い。けどやっぱ たくさん食うモンじゃないな〜。弱いけどアクがあるんだよね。あとはゆでる。あしたは竹の子ご飯か。

春ですねえ。
近くの雑木林をMTBで走ってみたら、けっこう面白い。といってもまともに走れる林道とかはあまりないので、道なき道をぶっこみます。特攻の拓と書いて「ぶっこみのたく」え?ナニよ。。。ブチブチ
ひゃっほう!お!丸太が!枝が!葉っぱが!ムリ!降りる。のくり返し。
でもあいかわらずゴミとかすごい。どうやって運ぶんだろ〜。かと思うとブラジャーが木の枝に。うわっ怖え〜!ビビるぜしかし。この森ちょっとアブいな〜。う!妖怪!と思いきや黒い枯れ木。 日暮れ前だったので薄暗いし、だんだん怖くなって脱出。

でもさ〜、街でMTB乗ってる人とかもったいないな〜って思う。ロードバイクもそうだけど 都会なんかでは車と戦ってるようなもんだよ。楽しさ半減どころか1/4くらいじゃないかな。過去にメッセンジャーなる仕事をしてたけど、今とは乗り方がぜんぜん違ってたもんな。みんな田舎に来なさい。
とはいえ。いつまでも借り物のMTBではつまらんので新車を買おうと計画中。やっぱVOODOOでしょ〜!
[PR]
by zigma | 2006-03-14 22:10 | hibi
山に呼ばれる
b0068354_23203658.jpg先日、マウンテンバイクで遊んできた。水戸(笠間?)にある朝房山という所で標高は201mと 小さい山。
林道が続いていて、でも小さい山だからのんびり楽しめる。

帰りには山道の途中にある「ギャラリー木葉下(あぼっけ、と読む)」にいってみる。
そこで伝説など 面白い話がいっぱい聞くことができた。

そもそも、ふもとの地名、木葉下(あぼっけ)というのはアイヌの言葉と言われていて、アイヌ語でアボウスケ?とかいう言葉がそれにあたる。この意味は「神域の入り口」つまり朝房山を神聖な場所としてその入り口であるってことらしい。
それに、古くは中心地として栄えていたようで 奈良時代の窯跡(瓦など建築系のものを焼いていた)が残されている。その辺を掘れば土器の破片がざっくざく出てくるらしい。
史跡なんかもたくさんあって、地図上で神社や史跡を線でつなぐと、、、なんと北斗七星の「ひしゃく」の形になるんだって!見せてもらったら、ホントだ!って感動。昔の人の、大地と空に対する意識をはっきりと感じる。

そして頂上に続くその山道は、むかしは鎌倉街道であったとか、源頼家ゆかりの地だとか。水戸黄門こと光国も何か関わっていたり。歴史は全然くわしくないので、あまり覚えてないや。

まあとにかく、おもしろい所であるのはまちがいないんだけど。。。問題発覚!

この付近は笠間市と水戸市の境なんだけど、その境目が谷になっていたんですね。昔は。
そこを産業廃棄物で埋め立てて。さらにその上に業者が不法投棄。ダイオキシンとかそういうのバリバリです。そんでもって現在では その上を土で覆っているのだけど。
その土ってのがどこから来たかというと、エコフロンティア笠間なんですね〜。エコ〜笠間ってのは笠間の「ふじみ湖」というエメラルドのわき水でできた湖を、産業廃棄物処理場にしてしまった問題の場所なんだな。
穴にゴミ埋めて、別の場所を穴ほって その土で埋める。堀った穴にまたゴミを埋める。
地下水は恐ろしいことになっていて、すぐ隣にある牧場は先月、廃業してしまった。地下水を飲んでいた牛が死んでいくのだそうな。田んぼでは5年前くらいから米がとれなくなってしまったという話も。
茨城県神栖町でのヒ素汚染と同じくらいのヒ素も検出されている。てことは間違いなく 何年後かに住民に症状が出て、大問題になるに違いない。そうなるまで見て見ぬフリを続けるんだろうか。
水脈ってのは地下で全部つながってるはずだし、しかもここは山なわけで、水ってのは高いところから低いところに流れる訳で。コレはかなりヤバいでしょ〜。
水戸と笠間はどっちもやる気無し。境目をまたいでいるわけだから責任をなすりつけあうんだろうな。担当者もコロコロかわるので話にならないとか。お役所ってそういうとこらしい。

いや笑えないな〜。考えなきゃいけないよ。見たくないけどコレが現実。ゴミ買って喜んでちゃダメですよ。PSE法の事もそうだけど、直して使える、逆に言うとなおせる、ってモノが少ないよなあなんて思う。
100円ショップとかさ。ニセモノですぐ壊れるし、愛着のわかないものは結局捨てられるんだよねえ。
住みづらくなった土地を捨ててパラダイスな土地を求めるのは簡単だけど、今いる土地を大事に思う事の方がはるかにステキだ。良い所も悪い所もたくさんある。知ろうとしないから知らないだけなんだろね。
[PR]
by zigma | 2006-03-08 23:33 | hibi
大毅・胃痛・反省
亀田三兄弟の次男、大毅がプロボクサーの初戦を23秒(?)でKO。

明らかに噛ませ犬的な扱いのタイ選手。始まる前からチャンピオン的な大毅。
入場からしてすごい。「弁慶」の姿をして、大げさなセットでつくられた赤い橋(五条大橋)。親父が先頭で3兄弟がジェンカみたいにして歩いてくる。
勝って当然。皆の関心は「兄貴の44秒KOを超える!」宣言。

結果、予告通り開始直後 一発でKO。なんかタイの人ほとんどカメラに写ってなかったのが可哀想。
しっかし、そのあとハウンドドッグ熱唱しちゃうとこなんか、わけわかんない怖さがあるなあ。会場は亀田一家のお客さんだけなんだなあ、とか思う。

昨日から胃痛と頭痛で体がおかしい。ヤバいなと思い、昨夜は21時に寝たのに治らない。寝りゃア治るもんとそうではないものがある。
健康であることのありがたさを実感。
それにしても胃袋が小さくなったみたいで、あまり食べれない。これは「痩せろ」ってことかも。きっとそうに違いない。冬は太ったからな。

先日、日記で書いたオーブンの事。
思い違いで、ガスのコンベックてのは割とちゃんとしてるヤツみたいで、やっぱ原因は自分の腕というわけで。ゴメンよオウブン。反省。
さらに、特に好評でもないフランス系にもちょっと飽きてきた。そろそろ田舎の食事にもハマるパンを考えよう。
自分が何をしたいのか、どこに向かってるのか、とか考えると動きがおかしくなる。
やりたいことを、やれる時にやればいいわけで。その時、瞬間に集中できたら毎日は楽しいはず。
[PR]
by zigma | 2006-02-27 00:56 | hibi
フランス迷子とPSE法
いけない。またフランスパンにハマッてしまった。
家にあるのは電子レンジにもなる、ガスのコンベック(コンベクション?)ていうオーブン。
こいつは熱風を循環させて温度を一定に保つというしくみなんだけど、この「熱風」てのがくせもの。
フランスパン系は蒸気が必要なんだけど、この熱風さんが、その蒸気をばっちり逃がしてくれる。潤った大地を一瞬にして乾かしてくれちゃうのだこのヤロウ!
ま、しかし。新しいオーブン買うなんてセレブなことはできるわけもなく。
いろいろやってみてるんだけど、なかなかうまくゆきません。変更点をひとつだけにすればいいものを2つ3つ変えちゃうから、なにが原因か分からなくなる。かなり迷子。フランス道は危険すぎる。。
ボッコボコに大きな気泡が欲しい。だれかガス・コンベックで上手く焼けたって人いたら教えて下さい。バンビがここにいます。

そういえば 気になってたんだけど。
電気用品安全法(PSE法)とかいう法律が今年の4月から試行されるということです。。が!
安全基準をみたしていない電化製品の販売・使用などを規制するっていうんだけど、その対象には電子楽器、音響機器を含まれていて、レコーディング機器やギターアンプ、ターンテーブルなんかまではいってたりする。
つうわけでビンテージの楽器とか ふつうに買えなくなっちゃうんだなあ。いやまいったね。おかしな話だわ。
というかさ。今頃になって初めて知った、っていう この情報のなさはなんなんだろうなあ。TVなんてホントにくっだらない番組ばっかなのに肝心なことはやらないってこと。もう、バカボンボン。
隠してんのか、単純に自分が遅いのか。よくわからんけど、今の生活も何十年後かには「あの頃はよかった」なんて思うのかな。おおこわい。
とりあえず緩和の署名してみた。教授〜!こちらからどうぞ
[PR]
by zigma | 2006-02-21 23:17 | hibi
たまにはガラスペンでも
b0068354_046593.jpg一昨日はバンド?の練習をしてクタクタになりながらMの家に泊めてもらう。即興唄合戦は楽しかった。簡単な3コードをベースにして即興で歌詞をつけて歌うんだけど、ネタがおかしな方向に流れて、缶コーヒーの成分とか唄ってたら「フリーダイヤル308509(サワヤカコーク)」でスイッチオン。清志郎とか長渕のマネで308509〜!(サンマルハチゴウマルキュウ〜!)ジミヘンで、フィッシュマンズで、マイケルJフォックスで。。。夢中で1時間近くひっぱったら ゲッソリ。「こんなヤツはいない」て言われた。

そのあと下北沢 チクテカフェにゆく。Sさんにオススメされていたマフィンを注文。話に聞いていた通り、表面がザクッとして中はふんわりもっちりどっしり。味わい深い逸品でした。バター&ハチミツの香りがよかったなあ。あとカプチーノ。ふだんコーヒーは飲まないけど、カプチーノだけは不思議と思い入れがあり、つい頼んでしまう。しかし あのカフェは男二人で行く所じゃないなあ。おんなのコ〜な感じがさあ。

銀座に移動、欲しかったものできた展を見る。茨城県在住の前川秀樹さんという人の作品、バケツチェア(?)がいちばん見たかった。
想像してた通りステキな椅子で、意外と座り心地がグッドだったのは驚き。石切り用ののこぎりの歯をつかったテーブルも良かった。「f」みたいな模様がさりげなく入ってる。たぶんこれは 強度とかなんかのために、もともと入っていた切り込みだと思うけど、あれがあるだけでグッとよく見える。
ほかの作品もなかなかいい感じで、刺激ックス。

イトウヤにてガラスペンを購入。とりあえず実用目的なので、日本製の竹軸のやつと写真のやつをチョイス。「ケースの中のガラスペンくださいな」と言うと、店員さんが箱を出しながら説明してくれる。
ペン先のガラス部分は職人の手作業によるものなので、一つ一つ違うんだそうな。そりゃそうだ、って思ってたら、たまねぎ形や細くてストレートなもの、色も白やほんのり青みがかったものなど、ほんとにバラバラなのだ。形でインクの溜まり具合とか描き味とか変わるのかなって聞いたら、そんなこともないらしく、職人の好み・気分しだいなんだって。なんとも愛らしい話。
さて、肝心の描きあじは、というと。。。最高です!角度に気をつけなくても普通に書けるし、わずかに波打ったような雰囲気のある線がかける。インクもたくさん溜まってるみたいで、ずいぶん長く書ける。
なんでこんなにイイものがマイナーな存在なんだろうって不思議でしかたない。い〜もんみつけちゃった〜
次はガラス軸のゴージャスなのが欲しいなあ。
[PR]
by zigma | 2006-02-19 00:47 | hibi
ミニクッパー
b0068354_2205280.jpg近所で新型ミニが2台いっしょに走ってるのを見た。乗っていたのが かわいいおネエちゃんだったというのもあって、興味わきわき。なんとなく鳥山明の漫画を思い出す。
てことで、こないだミニ クーパーに乗ってきた。コンバーチブルてやつで屋根が開いてオープンカーになるやつ。
オレンジのそいつは本当にオモチャみたいだった。「ゴーカート」って表現もよく分かる。いや、マリオカートのほうがしっくりくるかも。ミニ・クッパ。けっこう速い。しかもマニュアル車だったのでけっこうオモろい。ぶ〜ウん。。って音がなかなかイイ。
でも内装とか変に現代チック(?)になってショボショボプラスチッキーな感じで。ウィンカーのレバーとか、なんとなくトイストーリーのバズ?みたいだったなあ。なんとなくだけど。
現代〜未来の子供オモチャってイメージ。外観はなかなかステキなんだけど。。

そういや来年か再来年にはフルモデルチェンジしてダサくなりそうらしい。やっぱ車はどんどん変な方向に行ってる気がするなあ。いらないものが多すぎるし、多用してるプラスチックが全部壊れてゴミになる予感がする(これは思い違いかなあ)
てか、そもそも車もいらないか。

冷やかしもいいとこ、買う気なんてまったくないクセに、 自分でもなんでお店に行ったのかよく分からんのだけど、こういうのはテンションで。偶然てのはなくてすべて必然ということにする。たまには新しい風にふれないとね。なんつってよう。試乗までして大丈夫かな。電話バンバンかかってきたらどーしよ。
でも同じ敷地のお隣さんがポルシェ、クライスラーって。ひいたなあ。なんだありゃ。
[PR]
by zigma | 2006-02-05 22:01 | hibi