ウマイゼ・ブラックバス
b0068354_2342582.jpgブラックバスの料理のしかた

バスっていうのは、魚全般に言えるけど、表面のぬめりとか、皮、内臓がくさいようで、それをとってしまえば淡白な白身魚なのです。ただ、特有の泥臭さはどうなんでしょう。
ということで今回のテーマは「バスは臭くないか」

まず、3枚におろして皮をはぐ。 (ホントは最初に血抜きをするとよいらしい)
切り身の状態にして、水でよく洗う。水分をふきとって、牛乳につけて一晩。
翌日、牛乳を捨て、酒、塩、こしょう、にんにく、しょうがのすりおろし、梅干しちょびっと
に漬ける。10〜15分して、小麦粉をつけてフライパンでジュ〜。。!!
(仕上げにバターで焼くと、より風味がよくなりそう。だけど、バターの香で全てごまかされそうなので今回はやめとく)
ダメ押しで山椒の葉っぱを飾って完成!お〜ウ、ジャンバラヤ〜ン!

うほ〜、いい香り。ぜんぜん臭くない。
ひとくち食べてみる。。む、うまい。え、何これ。うまいんですけど。
高校のころ友達と料理して食った時はスゲー臭かったけど、これは何?
その味はまるでスズキですよ。鈴木さん。高級魚。

家族もOK、サイクルショップの店長もOK!でました。
はい、ブラックバス定食680円。ブラックサバスもびっくりだぜ。
[PR]
by zigma | 2006-05-21 23:44 | hibi
<< いちにちは24じかん 苺酵母de食パン >>