ぼくらは毎朝ピクニック!(ロード編)
b0068354_231139.jpgサイクリングジャージは背中にはポッケがある。ちょうど腰のあたり。なんてことないポケットだけど、もうこれなしでは自転車に乗れないってくらい とっても使えるヤツなのだ。

皆がまだ眠っているうちに、ムクリと起きてジャージを着る。バナナをかじって軽く柔軟体操。
ポッケには携帯、パンク修理道具、そして昨夜つくったパンにジャムをたっぷりはさんで。うひひ。

朝の時間は貴重なのでさっさと出発。ストレッチは走りながら。
春だってのにまだ朝は寒い。体があったまるまで回転重視でシャコシャコ。。。
30分くらいかけて体も暖まるころに 山のふもとに到着。
標高500mくらいの山。2〜3kmの登り。トレーニングじゃないので、まわりの景色を見ながら 体調にあわせて。無理しない。朝にムリして貧血(?)で倒れたことあるんだよね〜。自転車ごとパタッと。

一汗かいて頂上までたどり着いたらひと休み。手づくりパンをかじりながら景色を満喫。ん〜マンダム。

なんてことしながら、最近ピクニック気分でサイクリングするのです。
でも毎日同じコースでは飽きるので、ふらっと知らない道をレッツらゴー!すると、史跡とか神社とか、へんな木とか景色とか出合いがたくさん。やっぱサイクリングの神髄は寄り道でしょう。ぶらり途中下車。

2時間くらい走って仕事前に帰ってくるんだけど、ロードだと けっこう行動範囲は広い。やっぱロード(バイク)っていいじゃん。って、あらためて感じる今日この頃。それってとっても大事。
でも山道を見るたびにMTBで来たら。。。ってワクワクする。ヤバいなあ。自転車熱が高まってきてます。
[PR]
by zigma | 2006-04-01 23:11 | hibi
<< 嵐と肉屋とメンチカツ 山パイオニア >>