たまにはガラスペンでも
b0068354_046593.jpg一昨日はバンド?の練習をしてクタクタになりながらMの家に泊めてもらう。即興唄合戦は楽しかった。簡単な3コードをベースにして即興で歌詞をつけて歌うんだけど、ネタがおかしな方向に流れて、缶コーヒーの成分とか唄ってたら「フリーダイヤル308509(サワヤカコーク)」でスイッチオン。清志郎とか長渕のマネで308509〜!(サンマルハチゴウマルキュウ〜!)ジミヘンで、フィッシュマンズで、マイケルJフォックスで。。。夢中で1時間近くひっぱったら ゲッソリ。「こんなヤツはいない」て言われた。

そのあと下北沢 チクテカフェにゆく。Sさんにオススメされていたマフィンを注文。話に聞いていた通り、表面がザクッとして中はふんわりもっちりどっしり。味わい深い逸品でした。バター&ハチミツの香りがよかったなあ。あとカプチーノ。ふだんコーヒーは飲まないけど、カプチーノだけは不思議と思い入れがあり、つい頼んでしまう。しかし あのカフェは男二人で行く所じゃないなあ。おんなのコ〜な感じがさあ。

銀座に移動、欲しかったものできた展を見る。茨城県在住の前川秀樹さんという人の作品、バケツチェア(?)がいちばん見たかった。
想像してた通りステキな椅子で、意外と座り心地がグッドだったのは驚き。石切り用ののこぎりの歯をつかったテーブルも良かった。「f」みたいな模様がさりげなく入ってる。たぶんこれは 強度とかなんかのために、もともと入っていた切り込みだと思うけど、あれがあるだけでグッとよく見える。
ほかの作品もなかなかいい感じで、刺激ックス。

イトウヤにてガラスペンを購入。とりあえず実用目的なので、日本製の竹軸のやつと写真のやつをチョイス。「ケースの中のガラスペンくださいな」と言うと、店員さんが箱を出しながら説明してくれる。
ペン先のガラス部分は職人の手作業によるものなので、一つ一つ違うんだそうな。そりゃそうだ、って思ってたら、たまねぎ形や細くてストレートなもの、色も白やほんのり青みがかったものなど、ほんとにバラバラなのだ。形でインクの溜まり具合とか描き味とか変わるのかなって聞いたら、そんなこともないらしく、職人の好み・気分しだいなんだって。なんとも愛らしい話。
さて、肝心の描きあじは、というと。。。最高です!角度に気をつけなくても普通に書けるし、わずかに波打ったような雰囲気のある線がかける。インクもたくさん溜まってるみたいで、ずいぶん長く書ける。
なんでこんなにイイものがマイナーな存在なんだろうって不思議でしかたない。い〜もんみつけちゃった〜
次はガラス軸のゴージャスなのが欲しいなあ。
[PR]
by zigma | 2006-02-19 00:47 | hibi
<< フランス迷子とPSE法 ミニクッパー >>