雨と薬漬けバナナ
b0068354_16531160.jpgすごくたくさんの雨がふっている

どうやら、やら。やらねばなるまい。

愛用の60年代の日本製ピックギターは、だんだん僕に慣れてきた。粗くて土臭いこのギターはいつだってそっけない。でも心を落ち着かせて鳴らすと、だんだんとこっちに寄ってくるのだ。目では見えない事があるってことの証明。よくわからないけど、そんな気がする。

保坂和志かだれかが、「自分を環境にあわせるんじゃなくて、環境を自分にあわせるように、日々戦っている」というようなことを書いていた。
少なくとも自分の生活する圏内の環境は、できる限りこちらがわに近付けるようにしたい。だから周りを見て判断する事っていうのは、ほとんどの場合が むなしい。

そうだ。戦わなくてはいけない。なんてな。

ここでまた名言。格闘家・前田明が「オレを見るな!自分を見ろ!」と言った。
そうは言っても、やっぱり見るだろう。でも あんたは正しいとおもうよ。

自分がキラキラしていないと自覚している時は、鏡を見れない。


バナナLOVEの父が、D○LEの「スウィー○ィオ」はアブない!と騒いでいる。

理由はというと。
ふつう、バナナってのは放っておくと黒い点々が出てくる。ところがこのスウィーティオ、ヘタの部分が黒くなっても他の部分は色が変わらない。いつまでたっても黄色いままなのだ。
おかしいな?と思って皮をむいて切って放っておいても腐る様子がない。
試しに今日買ってきた別の種類のバナナを同じ状態にしてみたら、こっちはすぐに黒ずんできた。

ということで「防腐剤が入っている、薬漬けのバナナだ!」と言っているのだ。

実際のところは分からないけど、
確かに、何時間も放置しても痛まないってのは変だよなあ。うむ。
なにより植物としておかしい。
[PR]
by zigma | 2005-10-17 16:55 | hibi
<< ケツコン式 夢で逢いましょう >>