おやしらズ撲滅運動
抜いてきました。親にはナイショのアレです。
このっ、オヤシラズ〜!

近所の歯医者に電話したら予約でいっぱい。
「今日来て頂いてもいいですが、応急処置しかできません。抜歯はムリです。」
そうですか。ホントはビビってンじゃないだろ〜な。と不安に感じたので、予約はせずにもう一度ネットに頼ってみると。。

あ、あるジャン!口コミ情報・歯医者バージョン!
まあ、全面的に信用しているわけではないけども、参考にはなる。
住んでる地域をパチパチッとナ。ふ〜ん、こんなトコあるんだ。ハイテク診療機器?先生がやさしい?キレイな女医さん?あらあ〜。。良いトコロあるじゃな〜い

隣町(といってもけっこう近いのだ)に良さげな所があった。ホームページも持ってて、そのHPがシンプルで好感もてる。口腔外科もやってるみたいで、なんか安心。
さっそく電話してみたら、すぐに診てもらえるとのことで、ナイスタイミング。

歯医者さんは30代くらいの茶髪パーマで、良く言えばジェームスディーン、悪く言うと土方のあんちゃん。しゃべり方がなまっていて、なんか落ち着く。方言は安心するね。

とりあえずレントゲンとって、前から歯の写真とって(絵はがきにプリントアウトして、帰りに持たせてくれた。何なのコレ?)
「あ〜、ホントだ虫歯になってるねえ。こりゃ神経抜くか、抜歯するかだね」「抜いちゃって下さい」「あ、そう。いいよ」う〜ん、スムーズ。

麻酔の注射は痛くなかった。そんでもってグリグリ。。。ミシっ!グググッ。カチャリ(器具をもちかえる)。。。ぐぐ。グ。。。カチャリ「はい、これ噛んで。グッと」
あれれ?ぬけてンのか?と金属のトレーを見たら親知らずチャンが。なんてこった。あっけない。

抜いた歯を手にとって見ていると、ちょっとカワイイ助手さんに「持ち帰りますか?」って聞かれて、なんか素直に「はい」って言えませんでした。「屋根の上に投げるとか、なんかそういうのありますよね」う〜ん、何が言いたいんだオレは。しかしそれを「持って帰る」と解釈した助手さんは、ちゃんと洗って袋に入れてくれました。歯って面白い形してるよね。

麻酔がとれてズキズキするけど、もうあの異物感から解放されるんだと思うとなんて事ない。2.3日は痛むらしい。
ともあれ、これで上の親知らずは2本とも抜歯したわけです。メデタシ。
[PR]
by zigma | 2005-03-05 19:47 | hibi
<< はるきた 雪がふる >>