サボテンはみつからず
b0068354_10215619.jpgサボテンをみにいく。きょうこそ、その日だ。
とりあえず用事をすませ、ちかくの園芸屋(?)さんへ。。。

入ってすぐのレジにいた人に声をかけてみる。「サボテン、ありますか?」と、頭をあげたその人は、若い女のひとだった。「はい、左手 おくの、観葉植物のコーナーです」う〜ん。キャワイイ。なんて言うとだれかに怒られそうだけど。
ふだん、レジに限らず、その園芸ショップの店員っていうのは、40過ぎのおばちゃんとか、かたよった感じの(あいそのワルイ)おじさんがメイン。だから若い人っていうのは、それだけで一見の価値ありなのだ。

みんな珍しいものが好き、というかしぜんに目が行くものだ。
それは、はじめてグッピーを見たときみたいだよね。パンダでもいいや。すごい珍しくてカワイイ〜!にみんなイチコロだったわけで。
ところがさ、そのグッピーが多く生息するタイだかどっかではさ、ドブ川みたいなところにいるっていうじゃん。「うえ、グッピーさわっちった!おげ〜きったね〜!えんがちょ!」近所のガキンチョの会話なんてそんなものかもしれない。と、これは妄想。

それはまあともかく。サボテンコーナー。
小鉢にいろんなサボテンが並んでる。毛の生えたようなやつもあるし、キノコみたいな形のもいる。へえ〜。って、あれ?これだけ?サボテン終了?
違うんだなあ。求めていたのはさ、5、60cmでさ、ファミコンの「MOTHER」にでてくるような形のやつなんだ。
ぐるぐる回ってみても、やっぱり、ない。なんか似てる!って飛びついたのはドラゴンフルーツ。ってコレ、ホントに実がなるとは思えんし。だらりと垂れる様子は見てて哀しい。支柱に寄りかかっているサボテンなんて切なすぎる。(写真はそのドラゴンフルーツの果実。これはちょっと魅力的)
というわけで、サボテンブラザー失敗のマキ。
[PR]
by zigma | 2005-01-31 18:24 | hibi
<< まめしば 酔拳ハイ・チャーリークリスチャン >>